Staff/スタッフ

監督 : コ・ドンソン

韓国を代表するTV局MBCのドラマ局次長をつとめるプロデューサー・ディレクター(PD)。これまでに「心ふるわせて」「恋するスパイ」「メリー&テグ恋のから騒ぎ」「暴風の恋人」などの話題作を手がける。2010年に内助の功をテーマにした「僕の妻はスーパーウーマン」が大ヒット。その演出により、第46回百想芸術大賞のTV部門・演出賞を受賞した。

脚本 : キム・ドウ

1997年に放送作家としてデビュー、短編ドラマや「雪だるま」(2003)などを執筆したのち、2005年に「私の名前はキム・サムスン」で大ブレイク。ヒョンビンとキム・ソナを一躍スターダムに押し上げた。さらに翌年の「キツネちゃん、なにしているの?」では年下君ブームを巻き起こす。以来「韓国の30代独身女性の本音をリアルかつ軽快に描く女性作家」として人気を博し、2007年にはミステリアスなラブストーリー「人魚物語」を執筆。「私も花!」で久しぶりにラブコメディの世界に帰ってきた。